孤高の専門学校校長

感じるままに言いたい放題

heart of glass

 『仲間意識が仲間外れを呼ぶ』とはよく言ったものだと思う。我が校の生徒たちを見ているとあまりにもコミュニケーション能力が無さすぎて笑ってしまうことがままある。多くの生徒は一人でいることができないのに、自分から働きかけてコミュニティに参加することもできない若者が少なくない。子供時代のように「混ぜてー!」と言って仲間に入れないのは、『もしかしたらそれを言うと嫌な顔をされるのではないか?』とか『自分で思っているほど私は受け入れられていないのでは?』みたいな不安があるからだ。
 そんな不安こそ取りもなおさずネガティヴフィードバックに弱い、現代に生きる若者の精神の脆さを如実に表している。とにかく否定されたくないのだ。図々しい奴と思われるのは死んでも嫌だ。自分を受け入れてくれない環境では一時たりとも居たくない。

 せっかく入学した学校だが、途中で通うのが嫌になる生徒も残念ながら存在するが、その理由として周囲との人間関係の不調和によるものが目立つようになってきた。しかし誰かと明らかに反目しているわけでも喧嘩をしたわけでもなく、『自分は嫌われている』『自分だけが仲間外れになっている』という勝手な思い込みであることが少なくない。そして我々世代には想像もできないことだが、そんな『誤解』であるかもしれないことを確認することはしない。LINEの返信が遅いとか一言で終わるシンプルものだったとかというだけで勝手にネガティブな深みに入っていくのだ。

 若者の心の弱さがよくわかるものとしてはまだある。例えば一生懸命やったことがむくわれなかったこと。よっぽどこれまでの十数年、ヨシヨシとチヤホヤされて生きてきたんだろうなぁとため息が出る。自分の『頑張った』という行為に対し誰も反応しない、また賞賛がないということに慣れていない。欲しがっている。自分の案が通らなかった時、失恋した時、意中の就職先に入社できなかった時・・・。ダメ元という言葉があるが、それはきっと今は中年以上の年齢である人にしか適用できない。若者はそんな考え方はしないからだ。ダメになる可能性があるなら初めから手を出さない。

 今やこれらの『ガラスのハート』を持っているのは生徒ばかりではない。生徒を指導しなければならない教員でさえ、異常なまでに保護者にビビり、対応するのを嫌がるし、ちょっとした要望でもクレームだと大騒ぎする。素直で文句を言わない生徒しか扱えなくなってしまっているこんな『指導者』は、自分が退職するときでさえ直属の上司に自分で連絡できず『退職代行サービス』を使って意思を伝えて来たりする。

 対面でのコミュニケーション力がこれ以上貧弱になると、毎日のあいさつも顔を合わせず、部下に対する指示命令もメールで、また質問や指導もメールで行うことになるのか・・・。

礼装(男性)

 日本人の意識の中では礼服を着る際、絶対的な価値や伝統的な基準に基づかない。『黒ければいいんじゃないの?』に近いように思う。日本人には『礼を尽くすために身なりを整える』という価値観が無いからだ。着物を着ていた頃には和礼装として国民全員が同じもの(紋付羽織袴、振袖や留袖)を身につけたので問題はなかったのだが、今から100年ほど前から私たち日本人は、訳もわからず洋服を着ることになった。洋装の『格式』というものを理解しないまま形だけ真似することになった訳だ。結局そのまま時間が経過したため、今でも日本人の多くは洋装での礼服というものをよく理解していないままだ。だから逆に『格式』やそれに基づく『型』にこだわる意味がわからず、自由度が増してしまっているのが現状なのである。

 

 数年前に部下の結婚式にお招きいただいた時のこと。披露宴が始まる前、私の元に新郎のお父様がご挨拶に見えられたのだが、この方はなんと燕尾服を着ていらっしゃった。よくこんなものを持っておられるなぁと思い、式の後で新郎に聞いたところ、このお父様は社交ダンスが趣味なのだという。なるほどとは思ったものの、千鳥ノブさんではないが『ちょっと待て!』だ。昼過ぎに始まる披露宴だ。そんな時間に燕尾服はあり得ない。また私の個人的な感覚ながら、格式という意味では、一生を通じて燕尾服を着る機会は99.9%の人にはない。それでももし身につけることがあるとするなら以下の場合に限る。

 

①宮中の晩餐会にお招きされた時
文化勲章などのきわめて格式の高い褒賞を天皇陛下や皇室の方、あるいは国から授与される時
③クラシックの演奏会で指揮者となる時、またはクラシックピアノのコンサートで演奏者である時
④社交ダンスをマジでやる時
⑤七五三で撮影用に着る時

 

 ディズニーランドのミッキーは真っ昼間から割とカジュアルに着ている(笑)が、燕尾服は最上級の格式の場でしかも夜にしか着ることはできないし、他にも絶対崩してはいけない詳細な取り決めが少なからずある。モーニングと燕尾服の形の違いさえわからない日本人が、予習無しでお手軽に着てはいけないのではないか?とあくまで個人的には思う。

 

 さて男性の礼装についてこまごま述べたが、もちろん同じく女性にも同じようなことはある。次の機会では女性の礼装について、うるさいと言われつつボヤいてみたい。

ああ勘違い ➖英語編➖

 長い間『こういう意味だと思い込んでいたもの』って誰にでもあるのだろうか? 私はそれが人より多いのかもしれない。なぜならちょっと考えただけで、その手のヤツがいくつも思い浮かび、➖◯◯編➖などというものが成り立ちそうであり、実際こうして英語編を書き始めている。

 

《suite room 》
スイートというのはsweet だと思っていた。新婚さんが泊まる、甘ぁい部屋ってことで。そうではないと知ったのはもういい歳になってからだ(笑) なんのことはない、続きの部屋を備えた高級な部屋ってだけのこと。ペントハウスってのもあるけど、きっと私にはこの後死ぬまで縁はない。

 

《breakfast》
厳密には朝食ではなくその日初めての食事なのだそう。つい再近まで知らんかったわ。だから昼に食ってもbreakfastだ。

 

《shortcake》
ショートケーキは、ホールのケーキの対義語だとずーっと思ってた。まん丸の(全体の)ケーキを、切り分けたら短くなって【ショート』だと。

 

《flea market》
素人が自由に売り買いするから『フリー』なマーケットって思うだろ⁉︎ ノミのことだなんて誰が思うよ!

 

《pizza hut》
ピザハットの『ハット』は家のことじゃないことを知ったのは、息子がここのデリバリーのバイトをやり始めた時。『小屋』だって。笑わせる。だったらあの帽子みたいなマークはなんなんだよ‼️

以上思いつくまま一気にいってみました(笑)
お後がよろしいようで。

クラシック大阪

 子供の頃、年配の人が使う大阪弁は今とは違った。なにかもっと味があった気がする。記憶の端っこの方にあるそんな言葉を並べてみた。

《はしかい》
すばしっこいの意味。もうしばらく聞いていない。あっそうか。私はもうサロンワークの美容師ではないし、大阪のバアさんとも話をしていないからよけいにか。

《みぃいる》
筋肉痛。『身が入る』なのかな?知らんけど。若い時はこれもその当日、または遅くても次の日の朝から痛くなるが、年取ってからは翌々日位から『みぃいってる』ことも多く、一人笑うことも多い。

《せんど》
『昨日はアイツらにノせられてせんど銭使わされたわ』みたいな使い方かな。たくさんであることを表す時、この言い方は大阪っぽくて好きだ。

《いちびる》
名詞は『いちびり』五段階活用させると、
《いちびらない・いちびります・いちびる・いちびるとき・いちびれば・いちびれ》だ。
目立ちたがりとかひょうきんものなどという言葉では表しきれない大阪独特の言葉、それが『いちびる』。

《よううつる》
『あんたその赤いコート、よううつるわぁ』似合っていて良く見える時のほめ言葉。美容室で働いている時、おばちゃん同士がこんな言葉をお互い言い合っていた。

《もみない》
美味しくない、不味いという表現。きっと語源は有るだろう。知りたい。気になる。

《しゅんだ》
関東炊き(おでん)の大根を例にとれば、わかりやすいだろうか。若者は『シュミシュミ』などとポップな表現をしたりする。

《いわす》 
『みぃいる』より深刻なヤツ。『壊す』という意味だからカテゴリーとしてはひどい場合は病院に行くヤツだ。

《いらち》
大阪人はつくづくいらちだ。交差点で信号待ちをしていても、『黄色残り』で突っ込む車と『見切りスタート』の歩行者が接触しかけることがままある。歩行者は運転手を睨み、その運転手は舌打ちする。

きっとこれらの美しい大阪弁も時代とともに消えゆくのだろうが、やっぱり寂しいものだ。

命のコピー

 生けとし生けるものの運命は、必ずいつか死ぬことだ。こればかりは逃れようがない。己の命が尽きてしまうことは誰だって恐ろしい。自分の命はいつ尽きるとも構わない、私はこの人生に悔いはないのだとうそぶく人もいたりするが、あれは虚言だと思う。思うに昔から、その死生観によって、命というのものの見方は2つに別れる。まずはあくまでも今世にいたいからどうしても死にたくない人、もう1つはあの世というものの存在を絶対的なものとして捉え、あの世での満足のいく暮らしを目指す人だ。

 

 多くの歴史上の権力者は、我が世の春を謳歌しながら永遠の命を望んだ。最も有名なのは秦の始皇帝だろうか。彼は強大な権力をフルに発揮して部下に不老不死の薬を探させたらしい。ここ日本にまで始皇帝の使者である方士(占いや気功などの方術によって不老長寿なんかを目指した修行者)である徐福という人物がやって来たという記録が残る。その人に看板通りの不思議系の能力が本当にあったとは思えないが、案の定死ぬことを免れる力のある薬は手に入れることはできなかった。だからだろうか、徐福は本国に帰れず日本に残って骨を埋めたという記録もある。

 

 始皇帝は永遠の命に執着したが、死んだ後のことも怖かったのだろうか、今日では兵馬俑と呼ばれる夥しい数の実物大の兵士や戦車などを粘土で作り、自分の陵の横に軍隊として配置した。死後の世界で自分に仕えさせるために作らせたものだが、こんなにも死を恐れ、不死を求めた始皇帝の願いは虚しくも叶わなかった。例に漏れず人の力では侵すことのできない定めに従い結局死んだのだ。我が国のものさしに当てはめれば、長かった縄文時代も終焉に差しかかった頃の出来事である。
 それから2千年経って令和の世になった。しかしアンチエイジングをテーマにサプリや化粧品、エステなんかで精一杯頑張ったとしても、人は未だに不老不死の薬を見つけられていない。太古の昔と同様、今でも老いは残酷にまた確実にやって来る。どうしたって逃れられない。

 

 生命を司るDNAは単独の生き物ではないからこのような表現はおかしいのだろうが、彼ら(?)は巧妙に自分を構成する要素を、コピーを作り次の世代に連綿と繋いでいる。我々人間のDNAもそのほとんどは(ゲノム)解析され、命の仕組みは解明されつつある。それらの研究成果の最たるものの一つがクローンである。生きた人間の細胞からコピーを作るなど、もはや神の領域に踏み込んでいるともいえる。
 始皇帝が今の世の人なら、さぞや自分のクローンを作りたがっただろうと一瞬思ったが思い直した。きっと始皇帝のことだ、30も40も歳の離れたもう一人の自分など信用できなかっただろうと思う。帝王学や戦術、あるいは生き方などを散々伝授また教育した後、寝首をかかれることを恐れるはずだ。きっと自分ならそうすると考えるだろうから。

 

 たらればの話はともかく、お父さんとお母さんがいない、厳密には誰かの完全コピーである赤ん坊の誕生は、様々な可能性を秘めているが、中でも今後確実に訪れるであろう食料不足の救世主となるらしいのだが・・・えらい時代であることは間違いない。

女性ハ神聖ニシテ侵スヘカラス

 我が国に降り立った天皇の祖先は、紛うことなき神そのものであった。

 神話において有名な神々は数多くいらっしゃるが、神の子でありながら初めて人間界の王として生きた神武天皇は一際異彩を放つ。神武以来天皇家は2680年を万世一系の男系で紡いできた。旧大日本帝国憲法の第3条は、『天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス』である。天皇というものは、現人神(あらひとがみ)といって人の姿をした神だった訳だ。少なくとも昭和20年8月までは。敗戦で街は荒れ、餓死者が出るほどの貧しさのドン底にあった日本国民を慰労,鼓舞するために地方を巡幸された天皇を人々は熱狂的に迎え、有り難がった。今なら「お前のせいで罪もない国民が何人死んだと思ってんだ!」と左寄りの活動家が石の一つも投げるんじゃないかという気もするが、何せ神が直接自分たちのところまで来てくれたのだから、老婆などは涙を流して喜んだという。

 さて天皇はさておき、唐突ながら男には女性というのものを神格化する時期がある。もちろん現実にはそんなことはないとわかっていながら、妄想の中で女性を理想化し、ゲップやオナラなんかしない、不浄な自分たちとは違う世界に住まう存在に昇華してしまっている訳だ。場合によってはある日ある時、そんな女性の中でも一際神々しい存在が出現したりする。厨二真っ盛りの時期、私にもそんな女神がいた。斉藤和義さんの歌ではないが、教科書にはギターや車とともに涼しげな目をしたその女性の似顔絵をよく描いたものだ。通常男子中学生の頭の中は90%はエッチなことで占められている(笑)から、女性の顔の下には当たり前のように一糸纏わぬ裸体を描くのが通例であろう(笑) しかし私はその子の裸は描けなかった。私にとってはその子の存在はあまりに神聖であり、私のようなシモジモのものが神様を描くだけでさえ畏れ多いのに、裸体などというものを描けばその神格を愚弄することになると思ったのだ。今でも思い出すと懐かしい。麗しいその子も今は還暦かと思えば隔世の感を禁じ得ない。会ってみたいとも会わずにいたいとも思える不思議な感じだ。それこそ斉藤和義さんの歌みたいに『君は今でも綺麗』なんだろうか。

 『エースをねらえ』の竜崎麗華(古いw)みたいな女性であったとしてもウンコはするのだと、観念ではなく現実に完全に受け入れられたのは高校を卒業する頃だったろうか。だからそれまでは自分の中で女性を祭り上げていたともいえる。よく女性が上品に振る舞うのをやめて必死になったことを振り返って「その時私オンナ捨ててん!」みたいなことを口にするが、それが本当なら、女性というものは普段は上品でおしとやかな人格を演じており、オンナを捨てた状態が本当の素の自分だということになる。いやぁ、男にはそんな芸当はできない。恐るべきは女性である。

眞子内親王とエストロゲン

 年頃の娘さんを多数お預かりして指導するのが我々学校で働く者の仕事である。年頃だけに毎年色々ある。想像もつかないことも起きるし、想像もつかない判断をするもんだから、想像もつかない結果が生まれたりもする。警察、裁判所、弁護士、官公庁、学校(主に高校)、さらにうっとうしいことだがマスコミの相手をしなければならないことも珍しいことではない。

 

 我が校に限らずおよそ学生と呼ばれる若年層にとっての最大の関心事は、恋愛やそれに紐づく浮ついた人間模様や色恋沙汰についてである。男はモテることに、また女は好きな人に気に入られようとして、まさに人生をかけた闘いが校舎の中で繰り広げられている。勝手にくっ付き、勝手に別れることが繰り返されている日常には毛ほども興味もないが、深刻な案件が私の耳にまで達することがある。私のこれまでの経験ではそのほとんどは女子生徒間で起きた。

 女子生徒の中には、好きな男性ができたら最後、生活がその人一色になってしまい、24時間365日その人のことが頭の中を占めてしまうタイプが存在する。問題となるのは自分のことさえ身が入らなくなってしまうそんな生徒徒が起こす『事件』である。陰口悪口や意地悪、場合によっては女生徒同士が暴言を応酬しながらつかみ合いになることもこれまでに幾度か目にした。

 この一直線タイプの女子生徒は極端に視野が狭くなる。対象の男子生徒のことしか考えていないから、大事にしてきたものまで捨てることになるのも厭わない。家出や退学を考えるに至るなどは珍しいことではない。周りの意見や忠告など耳に入らなくなるだけでなく、自分の中で好きになった男性を美化してしまうのだ。その男にまつわる悪い噂は全く信じないから、決定的な証拠でも無い限りその男がいい人であり、自分にとっての最高のパートナーなのだと信じ続け、セルフマインドコントロールにかかったおり、なかなか正気には戻らない。

 

 女の子は年頃になってくると女性らしい体つきになり、動物学的にいえば男(オス)から見た際の異性として女性を魅力的にするのはエストロゲンという女性ホルモンであり、簡単にいえば幼児体系から女性らしい体形にするための内分泌であるわけだ。まだ十分に解明されてはいないが、このホルモンは上記のような体(見た目)に作用することに加え、精神的な部分にも影響を及ぼしてしまうところがクセ者なのである。恋に恋する乙女と化し、相手一直線になり、相手を美化し、忠告など聞く耳を持たなくなるのは、このホルモンがバンバン分泌されていることによるという。こらは種の保存のため、エストロゲンによって『好きだと思わされている』だけなのだ。何という神のいたずら! 何かのきっかけその男と別れたとしても、次の対象にまたまた一直線になる。その時には間違いなく(あれ? 私、なんであんな男のことが好きだったんだろう?)となってしまうのだ。正に恋は盲目である。

 

 秋篠宮家の眞子内親王のご婚礼については、その是非を我々下々の者がとやかく申し上げられるはずもないが、秋篠宮様は私と、眞子様は娘とそれぞれ年齢も近く、私にも兄がいることもあって宮様の子供時代より親しく拝見してきた。そして紀子さまとのご結婚後はお二人のお嬢様もまっすぐにご成長されての現在である。娘を持つ父として、きっと恋愛のご経験も多くはないであろう眞子内親王が、エストロゲンのせいで『一直線化』しているのではないか?と正直危惧するところである。

 ご結婚が成立したとして、お輿入れに際し眞子様が一時金をお受け取りにならない云々が話題となっているが、これは絶対受け取るべきで拒否するのは断固反対だ。民間の生活などされたことのない眞子様にとって、何もかもがわからないことだらけの日々が続くだろう。しかもお父上である秋篠宮様からは、(気持ちの良い)お許しはいただけていないように見える、そんなご結婚生活である。最後の頼みになるのは金しかないではないか。また新婚家庭にとって最大の障害になるであろうあの母親がしゃしゃり出てこないわけはないと思う。眞子様が誰にも助けを求められずに涙にくれる日々を過ごされることになりはしまいか。私の想いなど届くわけもないが、大いなる愛に包まれてまっすぐにここまで歩んでこられた、純真この上ないお顔が涙にゆがむことを勝手に想像し、うわー‼️と叫びたくなる。